南 阿 蘇 ル ナ 天 文 台


南阿蘇白水ペンション村に建つ天文台です。もともとはペンションだけだったのですが、天文に造詣の深い2代目オーナーが天文台を併設されました。口径82センチの反射望遠鏡は九州でも最大級です。この天文台はドームだけではなく、南側にスライドルーフの観測室があります。ここには太陽のプロミネンスを見ることのできる太陽望遠鏡や移動式の大型双眼鏡などがあります。したがって昼間でも太陽の観望が楽しめます。構造は鉄筋コンクリート造3階建です。震動を抑えるために壁量を増やしたり、望遠鏡本体の基礎下に防震柱を設けたりと、建物全体の剛性を増しています。