久 木 野 の 住 宅


雄大な阿蘇の山々が一望できる、外輪山北斜面に建つ別荘です。コンクリートの住宅に住む建て主さんは、 できるだけ木に囲まれた住まいを希望されました。木のトラス梁を化粧で見せ、まわりの壁や天井は漆喰調の仕上げでメリハリをつけています。リビングを中心に和の間が東西に一つずつ、ロフトも十分な広さがあるので3家族が宿泊できます。標高が高く、冬場は外気温が氷点下10度になることもありますが、床、壁、天井に断熱材を吹付けてあるので暖房器具ひとつで快適だそうです。