森 羅 万 象


最新の日記


火口
立体サイン
ハーレー
天窓
昭君之間
イロリ之間
闇り通路
苦心作
桜満開
囲炉裏
京都国際会館(内部)
京都国際会館
マキストーブ
八千代座
日時計
松島の夕焼
螺旋階段
大雪
新年おめでとうございます
月面散歩
大バースト!
コメットハンター
パリは燃えているか
月見と茶会
渡り蟹
五色の旗
クールハス
皆既月食
国産材
無垢
[最新の日記]
  
最新の日記


天窓

壁の窓よりも明るさの点では断然効果がある天窓。建築基準法でも壁開口の3倍の明るさが適用されています。殆どの天窓は2重になった断熱ガラスなので結露もしませんし、リモコンで開閉ができるタイプもあり風が入ったり抜けたりとなかなか気持ちのよいものです。
2010年4月17日(土) No.81

昭君之間

本丸御殿大広間のなかでも最も格式の高い部屋がこの昭君之間です。この昭君之間は「将軍の間」という隠語であるとの説もあります。この部屋は藩主の居間として、あるいは部下との対面の間として使われていた場所でもありました。それにしても金箔が施された障壁画は豪華絢爛ですね。眩いばかりです。これから百年、二百年…と時が経つにつれ味がでてくるのでしょうね。
2010年4月12日(月) No.80

イロリ之間

大きな梁の上に組まれた屋根を支える為の繊細な小屋組は見る人を圧倒します。この丸太の梁は直径1メートル、長さが12メートルもあります。これだけの大きな部材は見つけるだけでも相当苦労されたと思います。薬師寺の再建の際には国産では見つける事が出来ず台湾の檜が使われたと聞いています。このイロリ之間は上部から煙りを出すために天井が貼られておらず、吹き抜けになっています。このダイナミックな空間は必見です。
2010年4月11日(日) No.79

Page/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
0564
shiromuku(n)DIARY version 1.31